人妻 不倫

僕がこの人妻との不倫に至ったのにはわけがある。僕にはそもそも不倫願望なんて物はない。僕はこれまでもごく堅実な道を歩んできた。それなのに、こんな人妻との不倫だなどとリスクを犯してしまったのは、仕事での失敗があった。あの日僕は仕事で失敗し、会社に損失を与えてしまった。それでどうしても寝付けなくて飲みに行くことにしたのだ。飲んでも、飲んでも酔うことはなかった。けれども、あるタイミングで急に良いが回ってきた。彼女が店に入ってきたからだ。彼女は妻の友人だった。家も近所でよく顔を合わせたものだった。見知った顔に出会ってほっとしてしまったのかもしれない。急に酔いが回り始め、僕は彼女に抱えきれない心のもやもやを打ち明けてしまっていた。
そしてつぶれてしまったのだ。さすがにこのまま帰せないと思ったのか、彼女は近くにホテルをとってくれた。そこで介抱をしてくれた。しかし、時々挑発するような仕草をしてくる。酔っていた僕は彼女の挑発にまんまと乗せられてしまい、彼女を抱いてしまったのだ。実のところ、彼女の目的は他にあったのだ。更なる僕の弱みを握ること。いや、僕の妻の弱みを握ることだろう。妻と彼女は高校時代からライバル関係だと聞いたことがあった。その妻に一泡吹かせてやりたい、そんな気持ちだったに違いない。それにまんまとはまってしまった僕も救い様がない。こんな状況になってしまった以上、僕は彼女に従うしかなかった。せめて妻にバレないよう気をつけるだけだ。
愛人 なりたい
契約 愛人

出会い系 彼女

 悪友のYから電話で今から飲みに行こうぜってお誘いがやってきて、ちょうどバイトも終わったのでそそくさと出かけて行き男二人で飲むことに。
やたらとハイテンションでウキウキしてやがるんですよねYのやつ、「お前大丈夫か?病気じゃね」って言うと「んなわきゃ、なかろうて」とヘラヘラ笑っているんです、なんか怪しいじゃないですか、だから問い詰めてみたんですよ。
すると「へへぇ、できちゃったんだよ俺にも」と返答「は?借金か?」「馬鹿だなそんなんで嬉しいわけねーだろ」と、確かにそりゃそうだと。
「出会い系利用してさ、1カ月経ったけど彼女で来たぜ!」と突然の受け止めきれないようにリア充爆発のノロケ発言でした。
こいつモテナイ系だよな…まさかこいつに彼女だと…出会い系だと…とにかくまとまらない頭のなかで「くわしく聞かせろや」と話させたんですよ。

「出会い系利用してさ…」と語りだしたやつ、彼女作りたいと考えたYのやつは出会い系に登録して、あれこれと女性にアプローチしていき粘った挙句一人の女性と知り合いラブラブな関係を構築したということなんです。

聴いてたいる間、瞬きはもせずに口をぽかんと開けて、呆けたように彼の話を聞いてました。
マジかよ、Yのやつ出会い系で彼女とは…「お前、証拠の写メ見せんか、こらっ」と言って見せてもらったのは、これまたびっくらこいたの可愛い女の子。
どうにも納得出来ない俺は、即座に帰宅した後に出会い系に登録して彼女探し開始ですよ!
いま、上手くメール交換が続いている19歳の専門学生がいて、今度始めてのデートの約束がそろそろまとまりそうですよ!
俺にも彼女がもうすぐ!って感じがしてます。
不倫 出会い系
W不倫

LINE 美人局

うちの上司に美人局と呼ばれる先輩がいます。もちろん陰口のようなものですが、本人は知らないそうです。
そんな美人局さんと私はLINEで急に呼び出されたことが始まる体験談です。

ある日、営業先から戻る最中に社内用グループでわざわざ私を呼びつけるメッセージが載りました。
それを見ていた同僚のDが「お前、何かやらかしたのか」とか「忙殺されないように気をつけろよ」などと恐ろしいメッセージが来ていました。
恐る恐る美人局さんのところに行くと、「取引先とのみに行くからついて来い」という事でした。
Dが恐ろしい事を言っていたので何かひどい処罰をされるのかと思ってひやひやしていましたが、接待の誘いだけだったのでよかったと思いました。
いざ取引先の人との接待・・・そう意気込んでいたのですが、私と美人局さんだけでイタリアンでした。
「接待相手の人は・・・?」なんて少し濁した言い方をすると「お前と一緒に食事をする口実だ。すまない」なんて、男前な言い方をされました。
まあ、別に減るものでもないと思い、彼女とイタリアンを楽しみました。
お堅い喋り方はするものの、女性らしい所作をみると顔も整った美形だけあって気品ある女性だと思いました。
そう思っていると、なぜか美人局さんは少々照れた顔をしたかと思うと、ワインをぐいっと飲んでいました。

それから私は美人局さんと一緒に帰ろうとすると、「まだ、寄りたいところがある」と照れくさそうに言ってラブホを指差しました。
マジか!なんて思いましたが、そのまま彼女とラブホに入りました。
流れでほいほい入ってしまいましたが、彼女はスーツを脱いでする気満々のようだったので私も脱ぎました。
「私じゃ、嫌か?」なんて少し上目遣いで言われて、思わずぐっときてしまいました。
そのままベッドに押し倒すようにキスをし、そこから首筋→服を脱がせながら乳房→スーツパンツを脱がせながら下着越しに触ってみたりしていました。
今まで男前な喋り方をしていた人とは思えないほどエッチな喘ぎ声を出していました。
それに興奮したのか、私のムスコが元気になり、それに気づいた彼女がフェラをしてくれて準備完了になりました。
挿入すると、彼女は完全に女の顔になっていました。そこからは快楽に身をゆだね、私達は果てました。

美人局さん的には、私のことが好きだったらしいのですがちゃんと表に出せずにいたそうです。
こんな誘い方になってしまいましたが、彼女の思いは私に伝わりました。
それから私達はLINEのみで会話をして、あまり会社に表ざたにならない対応をしながら恋人同士の関係を続けています。
彼女 見つける
彼女募集